←トップ頁へ

和名 タンナタムラソウ
漢字表記 耽羅田村草
別名・異名
古名
語源 和名は、済州島産のタムラソウの意。「耽羅」とは済州島の古名。/属名はラテン語のserratus(=鋸歯のある)に由来している。/種小名は「花冠のある」の意。/変種名は「島に生ずる」の意。
学名 Serratula coronata var.insularis
英名
仏名 撮影者:東京都 中村利治様
独名
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類 キク科タムラソウ属
園芸分類 多年生草本
用途 野草
原産地 日本(本州・四国・九州)/朝鮮半島
花言葉 あなただけ
解説 タンナタムラソウは、キク科の多年草である。タムラソウの矮性変種で、草丈は10~20㎝程度。山地の草原に自生が見られる。葉は互生し、縁には荒い鋸歯があるが刺はない。9~10月にかけて茎頂にアザミに似た紅紫色の花を見せる。  撮影地:筑波実験植物園
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語 秋(タムラソウ)
備考