←トップ頁へ

検索名 タンジー   ↑撮影者:ポルトガル在住
武本比登志/睦子様↓
  ↑撮影地:ポルトガル
コスタ・アズール地方
和名 ヨモギギク
漢字表記 蓬菊
別名・異名 タンジー/タナセツム・ヴルガレ/ヨーロッパ・ヨモギギク
古名
語源 和名は、北海道に自生が見られることから。/英名のTansyは、ギリシャ語のAthanasia(=不死)に由来する。花が長持ちすることからと、死体の防腐に用いられたことによる。/属名は、ギリシャ語のAthanasiaがラテン語に入りtanazitaと変化したものを語源としている。/種小名は「普通の」の意。
学名 Tanacetum vulgare
英名 Tansy/Golden Bttons/Ginger Plant
仏名 tanaisie
独名 Rainfarn
伊名 tanaceto
西名 tanaceto
葡名 Tanásia
漢名 菊蒿
植物分類 キク科ヨモギギク属
園芸分類 多年生草本
用途 路地植え/切り花/鉢植え/香味料/ドライフラワー/薬用/染料
原産地 ユーラシア大陸
花言葉 あなたに挑む
解説 タンジーは、和名でエゾヨモギギクと呼ばれるキク科のハーブの一種である。草丈は1m前後となる。葉は羽状に深裂し、裂辺の縁部には細鋸歯があり、茎に互生する。5~9月にかけて黄色い衣服用ボタン状の花を見せる。花は、径1㎝程度の黄花で、舌状花葉持たず筒状花だけで構成される。全草にタンジー油を含み、薬用、香味料、染料等と多彩な用途が求められてきたハーブである。
履歴
県花・国花
古典1 東京国立科学博物館にて
古典2
季語
備考 撮影者:さいたま市 滝澤宏至様↑