←トップ頁へ

和名 タンチョウソウ
漢字表記 丹頂草
別名・異名 イワヤツデ(岩八手)
古名
語源 和名は、蕾の頂が赤いことから、丹頂鶴に因んで名付けられたという。/別名のイワヤツデは、岩場に生え、葉姿がヤツデに似ていることから。/属名は産地名からでMukuden(満州の奉天)の名に因んでいる。/種小名は採集家ロッシーの名に因んでいる。
学名 Mukdenia rossii
英名 拙庭にて
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名 槭葉草
植物分類 ユキノシタ科タンチョウソウ属
園芸分類 多年生草本
用途 路地植え/鉢植え/ロックガーデン
原産地 朝鮮半島/中国
花言葉 愛嬌
解説 タンチョウソウは、ユキノシタ科の宿根草である。太い根茎を持ち、這うように広がる。3~4月頃に葉・花茎ともにのばし始め、やがて、花茎が10~30㎝ほどになると頂にたくさんの白色の花を見せる。葉は厚く艶がある。
履歴 わが国への渡来時期不詳。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考