←トップ頁へ

和名 タマスダレ
漢字表記 玉簾・珠簾
別名・異名 ゼフィランサス/レインリリー
語源 和名は、細い茎が並ぶ様子を簾(すだれ)にたとえ、白い花姿、特に蕾時の様子を玉にたとえたと言われている。/属名は、ギリシャ語のzephyros(=西風)とanthos(=花)の合成語であり、原産地が西インドであることから。/種小名は「純白の」の意。
学名 Zephyranthes candida 拙庭にて 
英名 White Rain Lily/Fairy Lily  
仏名 Crocus du Brésil
独名 Reinweiße Zephirblumen
伊名 Zephyranthes candida
西名 Azucentia de rio
葡名 Lírio-do-vento
漢名 葱蓬、葱蘭
植物分類 ヒガンバナ科タマスダレ属
園芸分類 多年名草本
用途 鉢植え/路地植え
原産地 アルゼンチン・ウルグアイのラプラタ河流域
花言葉 純白の愛・清純な愛・便りがある・期待
解説 タマスダレは、ヒガンバナ科の多年草である。草丈は30㎝程度。葉は細く多肉質である。6~10月頃に純白の6弁花を見せる。英名ではレイン・リリー(※)と呼ばれるが雨後に開花することが多い。
履歴 我が国へは明治初年(1870)前後に渡来している。
県花・国花
古典
季語
備考 ハブランサスもレインリリーと呼ばれる。