←トップ頁へ

検索名  タキトゥス・ベルス  
和名 グラプトペタルム・ベルム
漢字表記
別名・異名 タキトゥス・ベルス/タキツス・ベルス/タキタス・ベラ
古名
語源 和名は学名の音読みから。/別名は旧学名の音読みから。/属名はギリシャ語のgrapatos(=塗装された、印刷された)とpetalon(=花弁)の合成語からで、花弁に見られる色模様の濃淡を示している。/旧属名のTacitusはラテン語で「秘密の、隠された、気づかれない」の意。/種小名は「愛らしい」の意。
学名 Graptopetalum bellum(=Tacitus bellus)
英名 Tacitus bellus,Chinhuahua flower
仏名  Graptopetalum bellum  撮影者:大阪府 上妻一守様
独名 Tacitus bellus
伊名 Graptopetalum tacitus bellum
西名 Graptopetalum bellum
葡名 愛培品
漢名 美麗蓮
植物分類 ベンケイソウ科グラプトペタラム属(←タキトゥス属)
園芸分類 常緑多年草
用途 鉢植え/路地植え(暖地)
原産地 メキシコ
花言葉
解説 グラプトペタルム・ベルムはベンケイソウ科の多年草である。本種は、かつては、タキトゥス・ベルの名で流通してきたために、現在もその名で愛倍されていることも多い。無茎の多肉植物で、葉の数は25~50枚でほとんど扁平なロゼット状となる。ロゼットの径は3~8㎝程度。葉は倒卵状くさび形で、紫暗緑色を帯びる。株元から子吹きをして群落状となる。株中心部の葉腋から3~5㎝程度の花茎を伸ばし、集散花序をつけ、3~10花をつける。花は径3㎝程度の濃紅色5弁花。
履歴 本種は昭和47年(1972)にメキシコ西部の標高1400m級の高地で発見されている。かつては、Tacitus bellusの学名で1属1種として分類されてきたが、現在はグラプトペタルム属に含められている。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考