←トップ頁へ

和名 タキノヨソオイ
漢字表記 滝の粧
別名・異名
古名
語源 和名は、品種名から。/属名は、ギリシャ神話の医神paeonに由来している。/種小名は「乳色の花の」の意。/品種名の命名所以不詳。花色からの命名か?
学名 Paeonia lactiflora 'Takinoyosooi'
英名
仏名  撮影者:東京都 中村利治様
独名
伊名 撮影地:神代植物園
西名
葡名
漢名
植物分類 ボタン科ボタン属
園芸分類 多年生草本
用途 路地植え/鉢植え/切り花
原産地 園芸作出品種(日本)
花言葉 恥じらい
解説 タキノヨソオイは、ボタン科の多年草である。本種は、我が国で作出されたシャクヤクのハイブリッド種である。草丈は50~70㎝程度で、株元より茎が叢出する。5~6月頃、茎頂に径10㎝程度明るい微桃色~白色の千重咲き花をつける。花弁は丸弁抱え咲きとなり、先端部での切れ込みも見られない。最外側の花弁は色濃いが、中央部に向かうに連れ淡色となり、中央部では全くの白色となる。いずれにしても、穏やかでほんのりとした色彩の変化が楽しめる品種である。
履歴 本種は、新潟県滝沢種苗(株)が昭和45年(1970)に新品種登録をしている。
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考