←トップ頁へ

検索名 タカサゴマンネングサ
和名 ハママンネングサ
漢字表記 浜万年草
別名・異名 シママンネングサ(島万年草)/タカサゴマンネングサ(高砂万年草)
古名
語源 和名は、海岸地帯に見られるマンネングサの意。/属名は、ラテン語のsedere(=座る)に由来し、地面や岩に張り付いていることからと言う。/種小名は「台湾の」の意。
学名 Sedum formosanum 撮影者:東京都 中村利治様
英名 撮影地:筑波実験植物園
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名 台湾佛甲草、石板菜
植物分類 ベンケイソウ科マンネングサ属
園芸分類 二年生草本
用途 野草
原産地 日本(九州・琉球諸島)~台湾
花言葉 静寂
解説 浜チマンネングサはベンケイソウ科の多年草である。概して、原産地の項に記した地の海岸地帯の崖等に自生の見られる野草である。全体的に肉質で柔らかい。草丈は10~20㎝程度。茎は太く赤米を帯びていて、よく分枝する。葉はへら形で茎に互生する。葉質は厚味を持ち、光沢もある。4~5月頃、茎頂に散房花序を出し、小形で黄色い5弁花を多数つける。
履歴 環境省RDB:凖絶滅危惧種(NT)
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考