←トップ頁へ

和名 タカサゴカラマツ
漢字表記 高砂唐松
別名・異名 タイワンバイカカラマツ(台湾梅花唐松)
古名
語源 和名は、台湾産のカラマツソウのため台湾の雅名「高砂」をつけたもの。/属名はディオコリデスがこの属の植物につけた名から。/種小名は、フランスの宣教師でもあり、植物採集家でもあったUrbain Jean Faurieの名に因んでいる。
学名 Thalictrum urbain
英名
仏名
独名 撮影者:東京都 中村利治様
伊名 撮影地:都内東綾瀬公園
西名
葡名
漢名 大花傅氏唐松草
植物分類 キンポウゲ科カラマツソウ属
園芸分類 多年生草本
用途 鉢植え/ロックガーデン
原産地 台湾:固有種
花言葉 さりげない優しさ
解説 タカサゴカラマツはキンポウゲ科の多年草である。草丈は10~40㎝程度。茎は細いが針金状に丈夫であり、紫色を帯びている。葉は3出複葉で、小葉はほぼ心形であるが、縁には鋸歯状の浅い切れ込みが入る。3~4月頃、茎頂に白色の花をつける。本種の花には花弁は無く、萼片が花びらに葉に見えることとなる。特に長くつきだした雄蘂が目立つ。我が国の園芸界では「タイワンバイカカラマツ(台湾梅花唐松)の名で流通している。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考