←トップ頁へ

和名 タカノハススキ
漢字表記 鷹羽薄
別名・異名 ヤバネススキ(矢羽根薄)/トラフススキ(虎斑薄)/ゼブラグラス
古名
語源 和名別名共に、葉に白い斑が横に入ることから。/属名は、ギリシャ語のmischos(=小花柄)とanthos(=花)の合成語から。/種小名は「中国の」の意。/品種名は「ゼブラのような縞ののある」の意。
学名 Miscanthus sinensis 'Zebrinus' 拙庭にて
英名 Zebura grass
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類 イネ科ススキ属
園芸分類 多年性草本
用途 路地植え/鉢植え/花材
原産地 日本/東アジア(園芸品種)
花言葉 勢力 活力
解説 タカノハススキは、山野に自生するススキではなく、園芸品種として作出されたススキである。草丈は1~1.5m程度。出始めの葉は普通のススキと何等変わらないが、夏場頃より、徐々に、葉に黄白色の斑が横に入り、目立ってくる。葉幅は1㎝前後。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考