←トップ頁へ

和名jp タカネオミナエシ
漢字表記 高嶺女郎花
別名・異名
other name
チシマキンレイカ(千島金鈴花)
古名
old name
語源
etymology
和名は、高山に見られるオミナエシの仲間の意から。
属名は、フランスの植物学者E.L.M.Patrinの名に因んでいる。
種小名は、「シベリア地方の」の意。
学名sn Patrinia sibirica
撮影者:千葉県 三浦久美子様
英名en
仏名fr
独名de
伊名it 撮影地:咲くやこの花館
西名es
葡名pt
漢名ch
植物分類 スイカズラ科(←オミナエシ科)オミナエシ属
園芸分類 多年生草本
用途use 野草/鉢植え
原産地
distribution
日本(北海道・千島列島)・中国・モンゴル・シベリア地方
花言葉 約束を守る
解説
description
タカネオミナエシは、(←オミナエシ科)の多年草である。概して高山帯の礫地や草地に自生のみられる野草である。草丈は5~15㎝程度となる。葉は匙形で羽状に深裂し、混生する。7~8月頃、茎上部に集散花序を出し、黄色い小花(径4㎜程度)を多数つける。花冠は5裂し、平開する。
履歴 環境省RDB:絶滅危惧ⅠB類(EN)
県花・国花
古典1
古典1
季語
備考