←トップ頁へ

和名jp タカネニガナ
撮影者:東京都 山口米子様

撮影地:秋田駒ケ岳笹森山登山道
漢字表記 高嶺苦菜
別名・異名
other name
古名old name
語源
etymology
和名は、高山性のニガナの意から。
属名は、ギリシャ語のkio(=行く)とchorion(=畑)を語源としている。
種小名は「鋸歯のある」の意。
変種名は「高山の住人」の意。
学名sn Ixeris dentata var. alpicola
英名en
仏名fr
独名de
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch
植物分類 キク科ニガナ属
園芸分類 多年生草本
用途use 野草
原産地
distributin
日本
花言葉 私を食べないで
解説 タカネニガナは、キク科の多年草である。ニガナの変種として分類される。概して高山帯の岩場に自生の見られる野草である。草丈は10~20㎝程度となる。茎葉直立し、疎らに分枝をする。根生葉は刺状鋸歯を持つ。茎葉は基部では茎を抱くが、上部では茎を抱かない。葉の形状は狭楕円状である。7~8月頃、茎頂に径2㎝程度で黄花の頭花を集散状につける。花は、8~10個の舌状花である。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考