←トップ頁へ

和名 タカネマツムシソウ
漢字表記 高嶺松虫草
別名・異名
古名
語源 和名は高山に見られるマツムシソウの意。因みにマツムシソウとは松虫の鳴く頃に開花することから。/属名のScabiosaは、「疥癬」を意味する。この属の植物が疥癬に薬効があるとして命名されているとのこと。/種小名は「日本の」の意。/変種名は「高山性の」の意。
学名 Scabiosa japonica var. alpina
英名
仏名
独名
伊名 撮影地:筑波実験植物園
西名 撮影者:東京都 中村利治様→
葡名
漢名
植物分類 スイカズラ科(←マツムシソウ科)マツムシソウ属
園芸分類 2年性草本
用途 野草
原産地 日本(本州中部地方以北・四国の一部)
花言葉 風情・健気
解説 タカネマツムシソウは、スカズラ科(←マツムシソウ科)の2年草である。草丈は20~30㎝程度。根生葉は質が厚く、長い葉柄を持ち、羽状に細かく裂ける。8~9月頃、茎頂に径5㎝程度で碧紫色の花を見せる。外側の花冠は細かく裂ける。中心部の花は筒状花の小花である。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考