←トップ頁へ

和名 タカナ  
漢字表記 高菜  
別名・異名 オオバガラシ(大葉芥子)/オオナ(大菜)/バショウナ(芭蕉菜) 
古名 タカナ(太加菜・多加奈)  
語源 和名は、茎が高く成長することから。/属名は、キャベツのラテン古名。/種小名は「イグサに似た」の意であり、ギリシャ語のjungere(=結ぶ)を語源としている。/変種名は「全縁葉の」の意。
学名 Brassica juncea var. integrifolia
英名 Broad-leaved mustard
仏名
独名 撮影者:東京都 山口米子様
伊名 撮影地:和歌山県勝浦市
西名
葡名
漢名 大芥/皺葉芥
植物分類 アブラナ科アブラナ属
園芸分類 一年生草本
用途 食用
原産地 中国/日本
花言葉
解説 タカナはアブラナ科の一年草である。草丈は1~2m程度に。中国野菜のカラシナの変種とされる。タカナの仲間は中国の河南で成立されたと推測されている。一般には株は大型となり、葉の切れ込みは比較的少ない。葉の質は比較的軟らかい。 
履歴 我が国で開発されたものとしては九州・福岡地方で栽培されている葉に縮があり、味の良い掻き菜として知られているカツオ菜がある。 
県花・国花  
古典1  
古典2 『本草和名』、『倭名類聚鈔』、『下学集』、『物品識名』、『本草綱目啓蒙』 
季語  
備考  
『パイプのけむり』 巻数 頁数 タイトル
3 254 「南蛮杖」