←トップ頁へ

和名 タカクマホトトギス
漢字表記 高隈杜鵑
別名・異名
古名
語源 和名は、鹿児島県高隈山で発見されたことから。/属名は、ギリシャ語のtreis(=三)とcyros(=曲がる)の合成語で、三枚の外花被の基部が袋状に曲がっているため。/種小名は「大隅地方の」の意。
学名 Tricyrtis ohsumiensis
英名
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類 ユリ科ホトトギス属
園芸分類 多年生草本
用途 路地植え/鉢植え
原産地 九州大隅半島
花言葉 永遠にあなたのもの
解説 タカクマホトトギスは、ユリ科の多年草である。九州大隅半島の岩場に自生する。茎は斜上し、草丈は20~50㎝程度。全草無毛。葉は肉厚の広楕円形で、全縁、鋭頭、基部は茎を包み込むようにして互生する。9~10月頃、茎上部の葉腋に黄色い花を1~2個つける。花弁の長さは3.5㎝程度。
履歴 環境省RDB:凖絶滅危惧(NT)指定植物
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考