←トップ頁へ

検索名  タイワンヒゲシバ(台湾髭芝)  
和名 ムラサキヒゲシバ
漢字表記 紫髭芝
別名・異名 シマヒゲシバ(島髭芝)、タイワンヒゲシバ(台湾髭芝)、ムラサキシマヒゲシバ(紫島髭芝)
語源 和名は、穂の色合いと姿からの命名と推測される。/属名は、ギリシャ語のchlos(=緑色)を語源としている。/種小名は「髭のある」の意。
学名 Chloris barbata
英名 Swollen fingergrass,
Peacock-plume grass
仏名
独名
伊名 撮影地:タイ・カオヤイにて
西名 撮影者:東京都 中村利治様
葡名
漢名 孟仁草
泰名 หญ้ารังนก
植物分類 イネ科オヒゲシバ属
園芸分類 1年生草本
用途
原産地 中央アメリカ
花言葉
解説 ムラサキヒゲシバは、イネ科の1年草である。草丈は30~100㎝程度に。草姿はオヒシバに良く似ている。オヒシバに似て、とても丈夫な茎を持つ。葉は線状でほぼ直立する。ある一定の温度があれば、茎頂に紫紅色の穂をつけて開花するようである。小穂は5~8本つく。
履歴 原産地は中央アメリカであるが、世界の熱帯・亜熱帯地域に帰化状態にある。我が国でも例外ではなく、小笠原諸島や、沖縄、一部本種でも帰化状態にある。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考