←トップ頁へ

和名 タイワンカンスゲ  
漢字表記 台湾寒菅
別名・異名
古名
語源 和名は、産地名から。/属名のCarexはギリシャ語の「切る」に由来している。この葉で皮膚がきれてしまうことから。/種小名は「長柄の」の意。
学名 Carex longistipes
英名
仏名
独名 撮影地:筑波実験植物園
伊名 撮影者:千葉県 三浦久美子様
西名
葡名
漢名 長梗扁果薹
植物分類 カヤツリグサ科スゲ属
園芸分類 多年生草本
用途
原産地 日本(南西諸島:西表島)/台湾
花言葉
解説 タイワンスゲはカヤツリグサ科の多年草である。概して原産地の項に記した地の河川の岩場に自生する野草である。草丈(花茎)の高さは25~50㎝程度。幅葉は3~6㎜程度で、葉長は花茎よりも長くなる。基部の鞘は淡褐色で脈は紫褐色となる。痩果は倒卵状楕円形で、扁平な稜形となる。長さは柄も含め4㎜程度。
履歴 環境省:絶滅危惧ⅠA類(CR)
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考