←トップ頁へ

検索名 タイワンハマオモト(台湾浜万年青)
和名 オオハマオモト
漢字表記 大浜万年青
別名・異名 タイワンハマオモト(台湾浜万年青)
古名
語源 和名は、文字通り大形のハマオモト(=ハマユウ)の意。/属名はギリシャ語のcrinon(=ユリ)を語源とし、花姿がユリに似ていることから。/種小名は「アジアの」の意。/変種名は「中国の」の意。
学名 Crinum asiaticum var. sinicum
英名
仏名     
独名 撮影者:東京都 中村利治様
伊名 撮影地:新宿御苑
西名
葡名
漢名 文殊蘭
植物分類 ヒガンバナ科ハマオモト属
園芸分類 多年生草本
用途 野草
原産地 日本(小笠原諸島・琉球諸島)/台湾/中国南部/太平洋諸島
花言葉
解説 オオハマオモトは、ヒガンバナ科の多年草である。我が国の海岸近くの砂礫地に自生の見られるハマオモトの近縁種と言うことになる。草丈は1.5m程度に。名前の通り大形種で、根際の茎の太さは20㎝にも達すると言う。葉も長さ2mにも及ぶ。6~7月頃、葉腋から扁平な花茎を出し、写真に見られるような白色で芳香のある花をつける。花弁は筒状で細長く、外側に湾曲し下垂する。果実は径4㎝程度で青褐色に熟す。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考