←トップ頁へ

検索名  タイリンキバナジギタリス    
和名jp オオバナジギタリス  
漢字表記 大花ジギタリス  
別名・異名
other name
タイリンキバナジギタリス (大輪黄花ジギタリス)
ジギタリス・グランディフローラ 
古名old name  
語源 和名は文字通り大形の花をつけるジギタリスの意から。
属名のdigitalisとはラテン語で「指袋」の意味。花形から命名された属名である。
種小名は「大花の」の意。 
学名sn Digitalis grandiflora(=Digitalis ambigua)              撮影地:館林市・トレジャーガーデン 
英名en Large yellow foxglove
仏名fr Digitale à grandes fleurs
独名de Großblütiger Fingerhut
伊名it
西名es
葡名es
漢名ch 大花洋地黄
植物分類 オオバコ科(←ゴマノハグサ科)ジギタリス属
園芸分類 2年生・多年生草本
用途 use 路地植え 
原産地
distribution
西アジア~ヨーロッパ
花言葉
解説
description
オオバナジギタリスは、オオバコ科(←ゴマノハグサ科)の多年草である。草丈は70~120㎝程度。葉は卵状楕円形で茎に互生する。6~9月頃、茎上部に総状花序を出し、3~5㎝程度で黄色い鐘形花をつける。花冠内側には濃褐色の斑点模様が入る。花は横向きに開花し、下方から上方へと咲き進む。 
履歴  
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考 葉に有毒成分を含み、日本薬局方では劇薬に指定している。