←トップ頁へ

和名 タガネソウ 撮影/GKZ:日光植物園↑
漢字表記 鏨草
別名・異名 ササスゲ(笹菅)
古名
語源 和名は、葉姿が鏨(たがね)に似ていることから。/属名はヒトモトススキの近似種のラテン古名を語源としている。/種小名は「鉄色の点々のある」の意。
学名 Carex siderosticta
英名
仏名 下2図撮影者:千葉県 三浦久美子様↓
撮影地:成田市・坂田ヶ池↓       
独名  撮影地:那須塩原市・
伊名 沼ッ原湿原→
西名
葡名
漢名 寛葉薹草
植物分類 カヤツリグサ科スゲ属
園芸分類 多年生草本
用途 野草
原産地 日本/中国
花言葉
解説 タガネソウは、カヤツリグサ科の多年草である。丘陵地の林床に自生の見られる野草である。葉は披針形でカヤツリグサ科スゲ属にしては珍しく葉幅が3㎝程度もあり、およそスゲらしくない葉姿となっている。葉はとても柔らかで、5~6枚束生平開する。葉の長さは10cm~30㎝程度。花期は初夏。小穂は4~8個つき、上部に雄花、下部に雌花がつく。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考