←トップ頁へ

和名jp タデスミレ
↑撮影者:東京都 中村利治様↓ 

撮影地(全4図)筑波実験植物園にて

↑撮影者:千葉県 三浦久美子様↓
漢字表記 蓼菫
別名・異名
another name
古名old name
語源
etymology
和名は、葉がタデに似ていることから。
属名は、スミレのラテン古名から。
種小名はフランス人植物採集家チボージェの名に因んでいる。
学名sn Viola thibaudieri
英名en
仏名fr
独名 de  
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch
植物分類 スミレ科スミレ属
園芸分類 多年生草本
用途use 路地植え/鉢植え
原産地
distribution
日本(長野県:固有種)・韓国
花言葉
解説
description
タデスミレはスミレ科の多年草である。長野県の極く限られた地域にのみ自生の見られるスミレである。草丈は、30~40㎝程度。葉は、名前の通りタデに似ていて、加えて茎も太く直立するので、遠目にはスミレとは見えない草姿を見せる。5~6月頃、葉腋から長い花柄を伸ばし、その先に径2㎝程度で白色の花をつける。花弁は細く、唇弁には紫色の線状紋が入る。距は丸く短い。
履歴 環境省RDB:絶滅危惧ⅠB類(EN)
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考