←トップ頁へ

和名jp ナガバタチツボスミレ
撮影者:千葉県 三浦久美子様
漢字表記 長葉立壺菫
別名・異名
another name
古名old name
語源
etymology
和名は、茎が立ち上がり、葉が細長くなることから。
属名は、スミレのラテン古名から。
種小名は「卵円状長楕円形の」の意。
学名sn Viola ovato-oblonga
英名en
仏名fr
独名 de  撮影地:熊本県小岱山→
伊名it
西名 es  
葡名 pt  
漢名 ch 紫花菫菜 
植物分類 スミレ科スミレ属
園芸分類 多年生草本
用途use 路地植え/鉢植え
原産地
distribution
日本(本州:中部以西~九州)/朝鮮半島
花言葉 奥ゆかしい
解説
description
ナガバタチツボスミレはスミレ科の常緑多年草である。草丈は20~40㎝程度となる。茎葉概して斜上する。根出葉は幅2~3㎝程度の円心形となり、基部は心形となる。茎葉は根出葉よりも細長くなり、狭卵状三角形から披針形となり、茎上部に行くほど葉の先端部が尖ってくる。托葉は狭披針形で羽裂する。4~5月頃、葉腋に淡紫色の花をつける。花弁の長さは1.2~1.5㎝程度で、後方の距は長さ7~8㎜程度となる。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考