←トップ頁へ

検索名  ダツラ・ストラモニウム
和名 ヨウシュチョウセンアサガオ
漢字表記 洋種朝鮮朝顔
別名・異名 フジイロマンダラゲ(藤色曼荼羅花)
ダツラ・ストラモニウム
古名
撮影者:東京都 中村利治様     
撮影地:小石川植物園
語源 和名に見られる「洋種」も「朝鮮」も、原産地を意味している訳ではなく、単に渡来植物であることを表しているだけである。また、「朝顔」は、花形が似ていることからの命名。/属名は、アラビア名のtatorahまたはヒンドゥー名dhaturaから転じたもの。/種小名はギリシャ語のstychnos(=ナス属の植物)とmaniakos(=狂牛病)の合成語からで、本種に毒性があることを示している。
学名 Datura stramonium 
英名 Jimson weed,
Davil's snare,
Datura,
Hell's bells,
Devil's trumpet,
Devil's weed,
Jamestown weed,
Stinkweed,
Locoweed,
Pricklyberr,
Devil's cucumber
仏名 Datura officinal,
Stramonie,
Stramonie commune
独名 Weiße Stechapfel
伊名 Stramonio comune
西名 Estramonio
葡名 Trombeta,
Trombeteira,
Estramónio,
Figueira-do-demo,
Figueira-do-diabo,
Figueira-do-inferno,
Figueira brava,Zabumba
漢名 曼陀羅花、酔心花、狗核桃、酔心桃、南洋金花
植物分類 ナス科チョウセンアサガオ属
園芸分類 一年生草本
用途 路地植え/鉢植え/薬用
原産地 北米
花言葉
解説 シロバナヨウシュチョウセンアサガオは、ナス科の一年草である。草丈は30~150㎝に。茎は直立し、途中で分枝をする。葉は長さ8~15㎝程度の楕円状であるが、縁部が不規則に浅い切れ込み、基部には長い葉柄が着く。葉質は軟らかく、葉の両面共に無毛である。8~10月頃、葉腋から径7~10㎝程度で筒状の淡青紫色花をつける。花冠は5裂し、裂辺の先端部は尖りを見せる。果実は長さ広卵形の蒴果で上向きにつき、表面には刺状突起が密生する。種子は径3㎜程度で黒色である。チョウセンアサガオの場合には、種子が白色となる。花姿もチョウセンアサガオによく似ているが、葉姿に大きな違いがある。本種の場合、葉の縁部に切れ込みが入るが、チョウセンアサガオの場合、ほぼ全縁となる。更に大きな違いとして、草丈が1m以上となる大形種である等の相違点がある。
履歴 本種は、南米・オセアニア・ヨーロッパ・アジア・アフリカで帰化状態にある。
我が国へは、明治12年(1879)に渡来しており、現在は帰化状態にある。
我が国の「外来生物法」では要注意外来生物として 指定されている。
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考 ※ 有毒植物である。(全草にアルカロイドを含む。)