←トップ頁へ

和名 ダルメラ・ペルタータ
漢字表記
別名・異名
古名
語源 和名は学名の音読みから。/属名は、19世紀ドイツ人園芸家Karl Darmer)への献名。/種小名は「小盾形の」の意。
学名 Darmera peltata
(=Peltiphyllum peltautum)
英名 Umbrella plant,
Indian rhubarb
仏名 Darméra peltata,
Peltiphyllum peltatum
独名 Schildblat  撮影者:イギリス在住 Hiroko Wright様
伊名 Darmera peltata
西名 Darmera peltata
葡名
漢名 雨傘草
植物分類 ユキノシタ科ダルメラ属
園芸分類 多年生草本
用途 池縁植え/ロックガーデン/食用
原産地 アメリカ
花言葉 撮影地:ロンドン・リッチモンドパーク
解説 ダルメラ・ペルタータはユキノシタ科の多年草である。本種は、アメリカ南西部の山裾の水辺に自生の見られる野草である。根茎は多肉質で地中を横走する。3~5月頃、岩と岩の間のような場所から、葉の展開前に50㎝前後程度の花茎を立ち上げ、茎頂に複散形花序を出し、桃色~白色の5弁花を多数つける。花後には、葉が根出し、葉柄の長さは1m程度となり、葉のほぼ中央部に茎がつく形状となる。葉は、表面に光沢があり、縁部は多裂し、裂片は更に2裂し、各裂片の縁部には不規則な鋸歯状の凹凸が出来る。葉は、秋には紅葉を見せる。用途の項に「食用」と記したが、更に、英名の項ではIndian rhubarbと記したが、実際にアメリカ大陸先住民は食用としたという。ただし、ルバーブはタデ科に属する植物なので、関係は無いことを申し添える。
  
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考