←トップ頁へ

和名 ダンピエラ・ユンケア
漢字表記
別名・異名
古名
語源 和名は、学名の音読み方。/属名は18世紀の海賊William Dampierへの献名。彼はオーストラリアの植物を蒐集し、彼の集めた標本は、今も大英博物館に展示されているという。/種小名は「イグサに似た」の意。
学名 Dampiera juncea 撮影者:愛媛県 日原由紀子様
英名 Rush-like dampiear
仏名
独名 撮影地:西オーストラリア
伊名 ボヤジン・ロック国立公園
西名
葡名
漢名
植物分類 クサトベラ科ダンピエラ属
園芸分類 多年生草本(亜低木)
用途 鉢植え
原産地 オーストラリア
花言葉
解説 ダンピエラ・ユンケアはクサトベラ科の多年草である。本種は、オーストラリア南西部の沿岸地域の砂壌地に自生する野草である。茎は直立し、草丈は10~60㎝程度となる。茎は細い円柱形であり、原産地ではRush-like dampieraと呼ばれている。茎は、多数根出するが、葉は殆ど退化していて、茎と同様に細い円柱形である。7~10月頃、茎上部の葉腋から花柄を伸ばし、径2㎝前後程度程度で青色~淡青色の花を数個つける。花は5弁花で、花弁の先端部は大きく2裂し、更に各裂片は鋸歯状に波形となる。茎上部や花柄、萼片の裏面は灰白色の短細毛で覆われる。 
履歴  
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考