←トップ頁へ

和名 ダンピエラ・ディヴァーシフォリア
漢字表記
別名・異名
古名
語源 和名は、学名の音読み方。/属名は18世紀の海賊William Dampierへの献名。彼はオーストラリアの植物を蒐集し、彼の集めた標本は、今も大英博物館に展示されているという。/種小名は「不同用の、様々な葉を持った」の意。
学名 Dampiera diversifolia
英名 Winged-stem dampiera
仏名
独名
伊名 撮影者:東京都 中村利治様
西名 撮影地:筑波実験植物園
葡名
漢名
植物分類 クサトベラ科ダンピエラ属
園芸分類 多年生草本(亜低木)
用途 路地植え(グランドカヴァー)
原産地 オーストラリア
花言葉
解説 ダンピエラ・ディヴァーシフォリアはクサトベラ科の多年草(亜低木)である。本種は、オーストラリア南西部沿岸地域の砂壌地に自生する野草である。茎は直立または斜上し、地を這い横走し、草丈は10~75㎝程度となる。葉は学名に示されるように線形~狭楕円形、楕円形等と様々で、葉の先端部で鋸歯状突起を持つものや全縁のもの、先端部が円頭のものから尖りを見せるもの等と様々である。葉は、枝に互生する。葉の表面には白色の短細毛が密生する。原産地のオーストラリアでは、9~12月頃、枝先の葉腋に掲載した写真に見られるような4弁花をつける。花は径1.5~2㎝程度で、花弁の先端は2浅裂し、花弁の縁部は鋸歯状に不規則な凹凸があり、基部には黄色い模様が入る。花柄、萼片の裏面は青白色の短細毛で覆われる。 
履歴  
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考