←トップ頁へ

検索名  ダイナソー・ゴード   
和名 キョウリュウヒョウタン
漢字表記 恐竜瓢箪
別名・異名 ダイナソー・ゴード
古名 ヒサゴ(瓢)
語源 和名は英品種名の直訳から。/別名は、英品種名の音読みから。/属名は、ラテン語のlagenos(=瓶)を語源としている。/種小名は、アフリカ産の果物名siccusに関連しているようである。
学名 Lagenaria siceraria 'Dinosaur gourd'
英名 Dinosaur gourd
仏名
独名
伊名
西名
葡名   
漢名 撮影者:東京都 山口米子様 
撮影地:大船フラワーセンター
 
植物分類 ウリ科ユウガオ属
園芸分類 一年生草本
用途 観賞用(パーゴラ・グリーンカーテン)
原産地 園芸作出品種
花言葉
解説 キョウリュウヒョウタンはヒョウタンは、ウリ科の一年草である。アメリカで作出されたヒョウタンの品種である。蔓長は2m前後程度となる。母種のヒョウタンはユウガオの変種で全体に毛が密生する。茎は蔓性で、二股に分岐する巻きひげを持ち他物に巻き付く。葉は円状心臓形で、長い葉柄を持つ。7~8月頃葉腋から長い花柄を出し白色の漏斗状花をつける。果実は長く、下部で大きく膨らみを見せ、表面にも不規則な筋模様が入るため恐竜を思わせる様相となる。果実の大きさは15~30㎝程度。アメリカでは、魔除けとして栽培が行われているという。また、果実は置物や工芸品としても用いられるという。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語  
備考