←トップ頁へ

和名 ダイコンソウ
漢字表記 大根草
別名・異名
古名
語源 和名は、根出葉の様子がダイコンに似ていることから。/属名はgeuo(=美味)に由来している。
学名 Geum japonicum
英名 Avens/Indian Chocolate
仏名 benoîte
独名
伊名
西名
葡語 長野県上高地:梓川にて↑
漢名 日本水楊梅 栃木市:花之江の郷にて↓
植物分類 バラ科ゲウム(ダイコンソウ)属
園芸分類 多年性草本
用途 路地植え/薬用/食用
原産地 日本(北海道・本州・四国の高山帯)
花言葉 前途有望
解説 ダイコンソウは、バラ科の多年草である。草丈は40~80㎝程度。葉は互生する。全株に黄色みを帯びた剛毛が見られる。5月頃に、花茎の頂きに1~数個の黄金色の花を見せる。
履歴
県花・国花
古典1
古典2 『大和本草』、『和漢三歳図会』、『物類品隲』、『物類呼称』、『物品識名』、『本草綱目啓蒙』
季語
備考