←トップ頁へ

和名jp ズダヤクシュ
上3図撮影:GKZ/撮影地:日光植物園↑

↑ 青森県・奥入瀬渓谷にて

↑ 長野県小谷村:栂池自然園にて
撮影者:東京都 山口米子様↓

撮影地:秋田駒ヶ岳阿弥陀池登山道


漢字表記 喘息薬種
別名・異名
other name
古名old name
語源
etymology
和名は、かつて、富山・福井・長野各県では喘息をズダと言ったというが、その喘息に薬効があると信じられ、民間薬として用いられたことによる。ただし、その薬効の真偽については不詳である。
属名は、ラテン語のtiara(=王冠)に由来し、雄蕊の形から。種小名は「多葉の」の意。
学名sn Tiarella polyphylla D. Don
英名en
仏名fr
独名de
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch 黄水枝
植物分類 ユキノシタ科ズダヤクシュ属
園芸分類 多年生草本
用途use 野草/鉢植え/薬用
原産地
distribution
日本(北海道〜四国)/中国/ヒマラヤ地方
花言葉
解説
description
ズダヤクシュは、亜高山帯の林床に自生の見られるユキノシタ科の多年草である。葉姿は、等しくユキノシタ科のチャルメルソウに似ている。根生葉は心円形で腺毛を密生し、長い葉柄を持つ。6〜8月頃、10〜25p程度の花茎を出し、白色の小花を20個程度見せる。花弁は線形であまり目立たない。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考