←トップ頁へ

検索名 ストケシア
和名 ルリギク
漢字表記 瑠璃菊
別名・異名 ストケシア
古名
語源 和名は漢名からなのか、それとも、漢名が和名からなのか?不詳。/属名は、イギリスの植物学者J.ストークスに因んでいる。/種小名については不詳。(人名に因んでいるものと推測される。)
学名 Stokesia laevis
英名 Stokes' Aster/Blue thistle/Cornflower Aster
仏名 拙庭にて
独名
伊名
西名
葡名
漢名 瑠璃菊
植物分類 キク科ルリギク属
園芸分類 多年生草本
用途 路地植え/切り花
原産地 北米
花言葉 追想/清楚
解説 ストケシアは、北米原産のキク科の宿根草である。草丈は50p前後でよく分枝する。葉には刺状の縁毛が見られる。花茎の頂きに花径6〜10p程度の花を1〜3個見せる。原種は、花期8〜9月で、紫青色ということだが、今日出回っているわが国の園芸品種の場合、花色は多彩で、花期は6〜10月と長期間である。
履歴 わが国へは大正初期に渡来している。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考