←トップ頁へ

和名jp スティリディウム・カルカラツム
 撮影者:愛媛県 日原由紀子様

撮影地:西オーストラリア州ホワイトマンパーク
漢字表記
別名・異名
other name
古名
old name
語源
etymology
和名は、学名の音読みから。
属名はギリシャ語のstylos(=蕊柱)を語源としている。本属の場合、雄蘂と雌蘂とが合着した特殊な蕊柱を持つことから。
種小名は「距を持った」の意。
学名sn Stylidium calcaratum
英名en Book triggerplant
仏名fr
独名de
伊名 it  
西名es
葡名pt
漢名 ch  
植物分類 スティリディウム科スティリディウム属
園芸分類 1年生草本
用途use 路地植え/鉢植え
原産地
distribution
オーストラリア
花言葉
解説
description
スティリディウム・カルカラツムは、スティリディウム科の1年草である。本種は、オーストラリア南西部沿海地の砂壌地に自生の見られる野草である。草丈は、5~10㎝程度までであるが、水気の多い場所では20~30センチ程度までは生長するという。葉は、楕円状で短い葉柄を持ちロゼットを構成する。茎は細く赤味を帯びている。9~11月頃、長い花茎を立ち上げ、その上部に円錐花序を出し、白色~淡橙色で、基部に赤紅色の模様の入った小花を多数付ける。花冠は全体的には4裂する。本種は、夜間や曇り日などには、上下の花弁が書物を閉じたように重なり合うために原産地ではBook triggerplantと呼ばれている。因みに、本種の属するスティリディウム属の植物は、掲載した写真(中)に見られるように雄蘂と雌蘂とが合着して蕊柱構造となっている。この蕊柱は、折れ曲がっており、昆虫たちがやってくると弾けるようにして、花粉を昆虫たちに吹き付ける。そのために、この属の植物は、英名ではTrigger plantと呼ばれている。 
履歴  
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考