←トップ頁へ

和名  スティパンドラ・グラウカ・アルバ 
漢字表記           撮影者:愛媛県 日原由紀子様
別名・異名
古名
語源 和名は、学名の音読みから。/属名は、ギリシャ語のstype(=亜麻繊維)とaner(=髭を持つ男)の合成語から。/種小名は「淡青緑色の」の意。/品種名は「白色の」の意。
学名 Stypandra glauca f. alba
英名 White blind grass
White nodding blue lily
仏名
独名 
伊名 撮影地:西オーストラリア州 
西名  カラマンダ国立公園 
葡名
漢名
植物分類 ススキノキ科スティパンドラ属
園芸分類 多年生草本
用途 路地植え/鉢植え
原産地 オーストラリア/ニューカレドニア
花言葉
解説 スティパンドラ・グラウカ・アルバはススキノキ科の多年草である。スティパンドラ・グラウカ種の白花品種ということになる。草丈は0.3~1m程度となる。葉は淡青緑色~淡緑色で、古くなると褐色に転じる。葉は、幅の狭い披針形で、縁部は全縁、先端部は針状の鋭頭、基部は茎を抱き互生する。原産地では8月~11月頃、茎頂に円錐花序を出し、長い花柄の先に、萼片3個、花弁3個の白色の小花を多数下垂する。 
履歴  
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考