←トップ頁へ

和名 スター・オブ・サイアム
漢字表記
別名・異名
古名
語源 和名は品種名の音読みから。/属名は、ギリシャの水の精Nymphに因んでいる。/品種名は「タイの星」の意。
学名 Nymphaea 'Star of Siam'
英名 Star of Siam
仏名
独名  撮影者:東京都 山口米子様
伊名
西名 撮影地:大船フラワーセンター
葡名
漢名
植物分類 スイレン科スイレン属
園芸分類 多年生草本
用途 池植え/鉢植え
原産地 園芸作出品種(タイ)
花言葉 清浄
解説 スター・オブ・サイアムは、スイレン科の多年草である。本種は、スイレンを国花とするタイで作出された熱帯性スイレン園芸品種である。一連のサイアム・シリーズの1品種である。葉は径25p程度で、表面には紫褐色の斑模様が不規則に入り、裏面は紫褐色となる。葉の縁部は不揃いな鈍鋸歯状となる。本種は熱帯スイレンではあるが昼咲き種であり、花径は12〜15p程度となる。花は、剣弁八重咲きで、花弁の基部は黄色みを帯びる。花蕊も先端部は花弁と同色の明るい青色であるが、基部は黄色となる。 
履歴 タイのChaiyaphon Thamasawan氏が1997年に作出している。/我が国への渡来時期不詳。  
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考