←トップ頁へ

検索名 スキッサ・プラテンシス
和名 ヒメマツムシソウモドキ
漢字表記 姫松虫草擬
別名・異名 スキッサ・プラテンシス
古名
語源 和名は、花姿がヒメマツムシソウ(Scabiosa columbaria)に似ていることから。/属名はギリシャ語からで「短く切られた、噛まれた」の意。/種小名は「草原の、草原に育つ」の意。
学名 Succisa pratensis
英名 Devil's-bit scabious
仏名 Succise des Prés, Mors du Diable
独名 Gewöhnlicher Teufelsabbiss, Teufelwurz, Teufelsbiss
伊名 Morso del diavolo, Succisa
西名 Bocado del Diablo, Escabiosa Mordida, Escabiosa Succisa, Hierba del Diablo, Viuda Truncada
葡名 Morso-diabolico
漢名
植物分類 スイカズラ科(←マツムシソウ科)スキッサ属
園芸分類 多年生草本 東大附属日光植物園にて
用途 路地植え(ロックガーデン)/鉢植え
原産地 ヨーロッパの草原地帯
花言葉
解説 ヒメマツムシソウモドキは、スイカズラ科(←マツムシソウ科)の多年草である。草丈は10㎝前後程度。葉は長楕円形で、表面には毛が見られ、縁には不規則な鈍鋸歯がある。9~10月頃、花茎を伸ばし、茎頂に半球形で薄紫色の花をつける。名前の通りヒメマツムシソウに花姿が似ているが、本種の場合、花の下部に苞葉が見られる。因みに両者は等しくマツムシソウ科ではあるが、別属に分類される。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考