←トップ頁へ

和名 スカエヴォラ・アウリキュラータ
漢字表記
別名・異名
古名
語源 和名は、学名の音読みから。/属名は、ギリシャ語のscaevola(=左利き)を語源としている。開花時の花姿が、掌を広げているように見えることから。/種小名は「耳形の」の意。
学名 Scaevola auriculata
英名 Kalli fan flower
仏名
独名     撮影者:愛媛県 日原由紀子様
伊名 撮影地:オーストラリア・パース
西名 キングス・パーク
葡名
漢名
植物分類 クサトベラ科クサトベラ属
園芸分類 多年生草本
用途 路地植え/鉢植え
原産地 オーストラリア
花言葉
解説 スカエヴォラ・アウリキュラータは、クサトベラ科の多年草である。本種は、オーストラリア南西部沿海地でローム層地帯の花崗岩の露出するような丘陵地の森林に自生する。草丈は70㎝程度となる。葉は、長さ2.5~7.5㎝、幅1.5~3.5㎝程度の楕円形~長楕円形で、縁部には不規則な歯牙状鋸歯があり、先端部は鋭頭となり、茎に対生する。葉の基部には、小形の托葉がつく。9~1月頃、総状花序を出し、葉腋に扇を開いたような花弁の並び方を見せる花をつける。花冠は、5裂している。花色は、紫、色~青色である。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考