←トップ頁へ

検索名  スエツムハナ(末摘花)   
和名 ベニバナ
漢字表記 紅花
別名・異名 スエツムハナ(末摘花)/クレノアイ(呉の藍)/タラマバナ(沖縄)/クレナイ(呉藍)
古名 クレナイ(久礼奈為・呉藍)/クレノアイ(紅藍・久礼乃阿為・久礼乃阿井)
語源 和名は、「紅」を取る花の意。/属名はアラビア語のquartom(=染める)に由来している。/種小名は「染色用の」の意。
学名 Carthamus tinctorius L.
英名 safflower
仏名 carthame
独名 Saflor
伊名 Cartamo,Zafferanone
西名 alazor
葡名 Cártamo
漢名 紅藍花/紅花菜
植物分類 キク科ベニバナ属
園芸分類 一年生草本
用途 切り花/ドライフラワー/化粧品/薬品/食品/採油/食用
原産地 西アジア/地中海沿岸 撮影者:東京都 中村敏子様↑
花言葉 包容力、装い、熱狂、差別 昭和薬科大学薬用植物園
解説 ベニバナはキク科の1~2年草である。草丈1㍍内外。茎は白色無毛で、上部でよく分枝する。葉は広披針形で、先端は刺状となる。初夏にアザミによく似た橙黄色の花を見せる。花径は、2.5~4㎝程度。掲載した写真に見られるように開花時は鮮黄色であるが、時間の経過と共に赤色に変化する。 
履歴 推古天皇の時代から染料・化粧料・薬用として栽培されてきた。
県花・国花 山形県花沖縄県:多良間村花(タマラバナ)/山形県:山県市花・河北町花
古典1 『万葉集』、『古今和歌集』、『源氏物語』、『近松浄瑠璃集』、『芭蕉句集』
古典2 『延喜式』、『本草和名』、『倭名類聚鈔』、『大和本草』、『和漢三歳図会』、『本草綱目啓蒙』
季語
備考
『パイプのけむり』 巻数 頁数 タイトル
13 92 「再会」
18 30 「向日葵」