←トップ頁へ

和名 スエヒロソウ  
撮影地:西オーストラリア州
ジョンフォレスト国立公園
撮影者:愛媛県 日原由紀子様↑
撮影者:東京都 中村利治様↓
撮影地:夢の島熱帯植物館

 
漢字表記 末広草
別名・異名 スカエヴォラ・アエムラ/ブルーファンフラワー
古名
語源 和名は、和名は、扇を開いたような形状を見せる花形から。/属名は、ギリシャ語のscaevola(=左利き)を語源としている。開花時の花姿が、掌を広げているように見えることから。/種小名は「競り合う、類似した、模倣の」の意。
学名 Scaevola aemula
英名 Fairy fan-flower,Common fan-flower、Blue fan-flower
仏名 Scaevole émule
独名 Blau fächerblume
伊名
西名 Escaézola,Flor abanica
葡名 Flor-canhota
漢名 紫扇花
植物分類 クサトベラ科クサトベラ属
園芸分類 多年生草本(亜低木)
用途 路地植え/鉢植え
原産地 オーストラリア
花言葉 祝杯をあげる、可能性
解説 スエヒロソウは、クサトベラ科の多年草である。茎は地を這うように斜上し、草丈は10~20㎝程度に。葉は、長楕円形で、縁には鋸歯を持ち、茎に互生する。5~10月頃、葉腋に扇を開いたような花弁の並び方を見せる花をつける。花冠は、5裂している。花色は、紫、赤紫、白などと多彩である。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考