←トップ頁へ

和名 ソクズ       ↑撮影者:東京都 中村利治様↓ 

 撮影地:国立科学博物館付属自然教育園↓

 ↑撮影者:東京都 山口米子様↓

撮影者:千葉県 三浦久美子様↓

↑撮影地:星薬科大学薬草園↓

漢字表記 萌藋
別名・異名 クサニワトコ(草接骨木)
クサタズ(草接骨木)
ニワタズ(庭接骨木)
オランダソウ(阿蘭陀草)
古名 ソクドク(曽久止久・曽久度久)
ソクドウ(曽久土宇)
ツチヒトガタ(都知比止加多)
   撮影地:小石川植物園→
語源 和名は、漢名「萌藋」の音読みから。
属名はギリシャ語のsambuce(=古代楽器名)からで、茎がたくさん林立する様子が似ていることからと言う。
種小名は「中国の」の意。
学名 Sambucus chinensis
英名
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名 接骨草、有骨消
植物分類 レンブクソウ科(←スイカズラ科)ニワトコ属
園芸分類 多年生草本
用途 薬用(葉・根)/浴用(葉)/食用(葉)
原産地  日本(本州・四国・九州)/台湾/朝鮮半島/中国 
花言葉
解説 ソクズはレンブクソウ科(←スイカズラ科)の多年草である。草丈は1唐2m程度。葉は5~7個でなる羽状複葉で、茎に対生する。小葉は広披針形で、縁部には鋸歯があり、先端部は尖る。7~8月頃、茎の先に散房花序を出し、白色の小花を多数つける。果実は球形で赤熟する。
履歴
県花・国花
古典1 『延喜式』・『本草和名』、『倭名類聚鈔』、『下学集』、『大和本草』、『和漢三歳図絵』、『物品識名』、『本草綱目啓蒙』
古典2
季語
備考