←トップ頁へ

和名 シチトウスミレ
↑撮影者:東京都 山口米子様↓ 

撮影者:東京都 中村利治様
漢字表記 七島菫
別名・異名
古名
語源 和名は、伊豆七島に自生の見られるスミレの意から。/属名は、スミレのラテン古名から。/種小名は「曲がった角」の意。/変種名は「伊豆七島の」の意。
学名 Viola grypoceras var. hichitoana
英名
仏名
独名
伊名 撮影地:八丈島
西名 ふれあい牧場展望台
葡名
漢名
植物分類 スミレ科スミレ属
園芸分類 多年生草本
用途 路地植え/鉢植え
原産地 伊豆半島~伊豆七島
花言葉 努力
解説 シチトウスミレはスミレ科の多年草である。概して原産地の項に記した地域の海岸に使い路傍や林縁に自生の見られる野草である。本種は学名からも理解できるようにタチツボスミレからの変種と言うことになる。母種のタチツボスミレに比して本種は草丈15~30㎝と幾分大形となる。花や葉も大きく葉には光沢がある。葉縁には粗い鋸歯が規則的に並び、縁色は幾分色濃くなる。3~4月頃、葉腋から花柄を出し淡青紫色の花をつける。
履歴
県花・国花
古典1 筑波実験植物園にて
古典2
季語
備考