←トップ頁へ

検索名 シロホトトギス
和名 シロバナホトトギス
漢字表記 白花杜鵑草
別名・異名 シロホトトギス/ハクラクテン(白楽天)
古名
語源 和名は、文字通り白花のホトトギスの意から。/属名は、ギリシャ語のtreis(=三)とcytros(=曲がる)の合成語で、三枚の外花被の基部が袋羽状に曲がっていることから。/種小名は「短い剛毛のある」の意。/変種名は「白味を帯びた」の意。
学名 Tricyrtis hirta var. albescens 撮影者:鹿田敏彦様/長野県大町市にて
英名
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類 ユリ科ホトトギス属
園芸分類 多年生草本
用途 鉢植え/下草
原産地 日本(本州・四国・九州)
花言葉 永遠にあなたのもの
解説 シロバナホトトギスはユリ科の多年草である。学名から理解できるように、本種はホトトギスのシロバナ変種と言うことになる。草丈は30~80㎝程度。茎は直立し粗毛が見られる。葉は互生し長楕円形で長さは6~15㎝程度。9~10月頃筆先のような蕾を見せ、やがて写真に見られるような白色の花を開花する。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考