←トップ頁へ

和名 シロバナタンポポ
漢字表記 白花蒲公英
別名・異名
古名
語源 和名は、花色が白色であるため。/属名については諸説があり、アラビア語のtharakhchakon(=苦い菜)が語源とする説、或いは、ペルシャ語のtalkhchakok(=苦い草)を語源とすラテン名からとする説等がある。/種小名は「淡白色の」の意。
学名 Taraxacum albidum Dahlst.
英名
仏名
独名
伊名 撮影地:群馬県館林市にて
西名
葡名
漢名 白花蒲公英
植物分類 キク科タンポポ属
園芸分類 多年生草本
用途 野草/路地植え/鉢植え
原産地 日本(関東以西)
花言葉 私を探して、そして見つめて
解説 シロバナタンポポは、わが国の関東以西の道ばたなどで普通に見られるキク科の多年草である。タンポポより幾分葉が大きく、葉の色が淡い。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考