←トップ頁へ

和名 シロバナノカタクリ
漢字表記 白花片栗
別名・異名
古名
語源 和名は、カタコユリの略で、「カタコ」とは<傾いた籠>の意とか。/属名は、ギリシャ語で「赤い」の意。ヨーロッパ産に赤花種があることから。/種小名は「日本の」の意。/品種名は「白花の」の意。
学名 Erythronium japonicum f. leucanthum
英名
仏名
独名     撮影地:とちぎ花センター
伊名
西名   
葡名
漢名 白花猪牙花
植物分類 ユリ科カタクリ属
園芸分類 多年性草本
用途 路地植え/鉢植え/食用/薬用
原産地 日本/朝鮮半島/中国/南千島
花言葉 初恋/淋しさに耐える
解説 シロバナノカタクリはユリ科の多年草である。我が国各地の山地の斜面に見られるカタクリからの白化(アルビノ)品種である。1万株に1本とか、5万株に1本とかの発現率と言われている。文字通り花弁は白色であるが、カタクリの場合には、葉に褐色の斑文が入るが、本種の場合には、斑文の色は淡緑白色である。開花期は3月頃。草丈は10〜20p程度
履歴
県花・国花    
古典1
古典2
季語 春(カタクリ)
備考