←トップ頁へ

和名 シロバナナガバノイシモチソウ
漢字表記 白花長葉石持草
別名・異名
古名
語源 和名は、白花をつける葉の長いイシモチソウの意から。因みに、イシモチソウ(石持草)とは、葉の粘液に小石までもが粘着してしまうことから。/属名のDroseraは、ギリシャ語で「露の多い」の意。/種小名は「インドの」の意。
学名 Drosera indica f.albiflora
英名 Indian Sundew
仏名
独名 現在写真はありません。
お持ちの方、ご提供下さい。

連絡先は、メニュー頁にあります。
伊名
西名
葡名
漢名 長葉茅膏菜
植物分類 モウセンゴケ科モウセンゴケ属
園芸分類 多年生草本
用途 観葉植物
原産地 日本:本州(関東並びに伊勢湾周辺)及び九州(宮崎県)/※
花言葉
解説 シロバナナガバノイシモチソウは、モウセンゴケ科の多年草である。周知のごとくモウセンゴケと同様に食虫植物である。地中に塊茎は持たない。草丈は7~20㎝程度。葉は線形で、先端に向かうにつれ細くなり、先端は尖る。葉長は3~6㎝程度。葉の周囲についた多数の腺毛で捕虫する。7~8月頃、葉に対生して総状花序を出し、白色の花を数個つける。花弁は長楕円形で、長さ6~8㎜程度。
履歴 環境省RDB:絶滅危惧Ⅱ類/本種は、当初故牧野富太郎博士によって、赤花種と白花種とに区別分類された。しかし、その後花色による品種区別はされなくなった。モウセンゴケ属の場合、自生地により花色の変化が著しいからという理由からであった。だが、その後、愛知教育大学による遺伝子レベルの研究により、赤花種と白花種とは遺伝子が異なっていると判明している。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考 ※オーストラリア・アジア・アフリカの熱帯地域にはそれぞれ分布しているようである。