←トップ頁へ

検索名  シロバナムシヨケギク 
和名 ジョチュウギク
漢字表記 除虫菊
別名・異名 シロバナムシヨケギク
語源 和名は、花に殺虫成分を含み、蚊取り線香や農薬の原料として用いられるため。/属名は、ギリシャ語のathanasia(=不死)からラテン語のtanazitaへと転じた語が語源となっている。/種小名は「サイネリアのような葉の」の意。
学名 Tanacetum cinerariifolim
(=Chrysanthemum cinerariifolium)
英名 Pyrethrum
仏名  pyrethre   国営武蔵丘陵森林公園にて↑
独名 Pyrethrum  とちぎ花センターにて↓
伊名 Piretro della Dalmazia
西名 Crisantemo dálmeta,
Pelite de dalmacia,
Margarita piretro
葡名
漢名 除虫菊
植物分類 キク科ヨモギギク属
園芸分類 多年生草本
用途 薬用
原産地 西アジア~南欧
花言葉 忍ぶ恋
解説 草丈は30~60㎝。初夏に茎頂に頭花をつける。舌状花は白色、筒状花は黄色。花を乾燥させたものには殺虫成分ピレトリンを多く含み、蚊取り線香や農薬の原料として栽培される。
履歴 我が国へは明治18年にアメリカ~導入されている。
県花・国花 広島県:旧因島市花  
古典1  
古典2  
季語  
備考  
『パイプのけむり』 巻数 頁数 タイトル
5 18 「八十八夜」