←トップ頁へ

和名jp シロバナモウズイカ
拙庭にて 
漢字表記 白花毛蕊花
別名・異名
other name
エサシソウ(江差草)
古名old name
語源
etymology
和名は、白い花をつけるモウズイカの意。因みに、モウズイカとは黄花であり、雄蕊に毛が密生することからの命名。
属名はラテン語で「髭の生えた者」の意。
種小名は「蛾」の意。
品種名は「紅色を呈する」の意。
学名sn Verbascum blattaria f. erubescens Brügger
英名en Moth Mullen
仏名fr Molène blattaire
独名de Schaben-Königskerze
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch
植物分類 ゴマノハグサ科モウズイカ属
園芸分類 2年生草本
用途use 路地植え/鉢植え
原産地
distribution
ヨーロッパ
花言葉
解説
description
シロバナモウズイカはゴマノハグサ科の越年草である。本来は外来植物であるが、北海道の江差町に多く見られたことからエサシソウ(江差草)の異名をも持つ。草丈は、50~100㎝程度。茎は直立し、あまり多くは分枝しない。茎の周囲には短毛が覆う。下部の葉は倒披針形で、地際にロゼットを見せる。茎上部の葉は長さ3~10㎝の長楕円形~卵形で、縁には鈍鋸歯がある。6~9月頃茎頂に細長い総状花序を出し、径3㎝前後程度で白色の花をつける。花は下方から上方へと咲き進む。花は、1~2日程度で落下してしまう。 
履歴 我が国には明治期に渡来し、北海道や本州北部で戦後帰化状態が始まったと言われている。 
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考