←トップ頁へ

和名 シロバナイモカタバミ  
漢字表記 白花芋酢漿草  
別名・異名  
古名  
語源 和名は、文字通り白花のイモカタバミの意。因みにイモカタバミとは、地下に芋状の塊茎を持つことから。/属名は、ギリシャ語のoxys(=酸性の)の語から来ている。/種小名は「関節がある、有節の」の意。
学名

Oxalis articulata cv. alba

英名
仏名
独名 撮影者:沖縄県 田中 勝様
伊名  撮影地:那覇市
西名
葡名
漢名
植物分類 カタバミ科カタバミ属
園芸分類 多年性草本
用途 路地植え/鉢植え
原産地 園芸作出品種
花言葉 輝く心、喜び
解説 シロバナイモカタバミはカタバミ科の多年草である。本種は、桃紫色の花をつけるイモカタバミの白花品種である。草丈柄は10~30㎝地度。根出葉は3出複葉で小葉はハート型で、夕刻には閉じる。春~秋にかけて、花茎を立ち上げ、散形花序に、径2㎝程度で白色5弁花を多数つける。
履歴 我が国へは、母種のイモカタバミは、江戸末期に観賞用として導入されているが、現在では、国内各地で広く帰化状態にある。
母種のイモカタバミは南米原産であるが、北米・オーストラリア・熱帯アジア各地で帰化状態にある。 
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考