←トップ頁へ

和名jp シロバナアケボノスミレ
埼玉県秩父市にて
漢字表記 白花曙菫
別名・異名
another name
古名old name
語源
etymology
和名は、文字通り白花のアケボノスミレの意。/属名は、viola(=スミレのラテン古名)から。/種小名は「採集家ロッスの」の意。/変種名は「乳色の花の」の意。
学名sn Viola rossii f. lactiflora
英名en
仏名fr
独名de
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch
植物分類 スミレ科スミレ属
園芸分類 多年生草本
用途use 野草
原産地
distribution
日本
花言葉 誠実、謙遜、あどけない恋、無邪気な恋
解説
description
シロバナアケボノスミレは、スミレ科の多年草である。概して山地の湿り気の多い林床や林の縁に自生が見られるスミレである。葉の展開よりも幾分早めに開花することが多いようだ。葉は心形で、開花時には巻いていることが多い。葉の両面には微毛が見られる。花色は白色で、花弁は厚味がある。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考