←トップ頁へ

和名 シラユキゲシ
漢字表記 白雪芥子
別名・異名
古名
語源 和名は、ケシ科の植物でもあり、花色が白色であることから。
学名 Eomecon chionantha
英名 Snow poppy
仏名
独名 ↑ 群馬県館林市・普済寺にて ↓
伊名
西名
葡名
漢名 血水草
植物分類 ケシ科シラユキゲシ属
園芸分類 多年生草本
用途 路地植え/鉢植え
原産地 中国東部
花言葉 健康
解説 シラユキゲシは、ケシ科の多年草である。根出葉は叢生し、草丈は30㎝前後。葉形は心臓形で、縁は緩やかな波を打つ。花茎葉30~50㎝で、頂きに純白の花を見せる。花弁は4枚。花期は4~5月。
履歴 渡来時期不詳。
県花・国花
古典1
古典2 館林市・善導寺にて→
季語
備考