←トップ頁へ

検索名  シペルス・パピルス  
和名 カミガヤツリ  
漢字表記 紙蚊帳吊
別名・異名 シペルス・パピルス/キペールス・パピールス
古語 撮影地:夢の島熱帯植物館
語源 和名は、カヤツリグサ属の植物であるが古代エジプトで、この植物で紙を作ったことによる。/属名は、古代ギリシャ語のkupeiros(=スゲ)を語源としている。/種小名は、「紙の」の意。
学名 Cyperus papyrus
英名 papyrus sedge
paper reed
Bulrush,
Paper Plant
仏名 Papyrus d'Égypte 撮影者:東京都 山口米子様
 
↑撮影地:沖縄県 東南植物楽園↓
独名 Echte Papyrus
伊名 papiro egiziano
西名 Papiro, Papiro de Egipto
葡名 Papiro
漢名 紙莎草
植物分類 カヤツリグサ科カヤツリグサ属
園芸分類 多年生草本
用途
原産地 熱帯アフリカ/北アフリカ
花言葉 素直さ
解説 カミガヤツリは、カヤツリグサ科の多年草である。原産地では水湿地に自生が見られるという。我が国では温室内の池や大鉢栽培が一般的とされる。草丈は2.5m前後まで直立して成長する。茎頂に放射状の細い枝をつけ、先端に茶褐色の花穂を見せる。葉は退化してしまっており、鞘状となって茎の根元についている。
履歴 古代エジプトでは、この植物の茎の皮を剥いで、中から白い髄を取りだし、これを薄く帯状に編んで重しをかけパピルス紙を作ったという。厳密には、現在一般に用いられている紙とは異質なものであるが、英語のpaperやフランス語のpapier等はpapyrusが語源とされている。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考