←トップ頁へ

和名 シンブラ・カピタータ
撮影者:ポルトガル在住 武本比登志/睦子様



撮影地:ポルトガル コスタ・アズール地方


漢字表記
別名・異名
古名
語源 和名は、学名の音読みから。
属名はギリシャ語のthio=煙を放つ、香りを放つ、生命力)を語源としている
種小名は「頭花のある」の意。
学名 Thymbra capitata
英名 Conehead thyme
Persian hyssop
Spanish oregano
Mediterranean thyme
仏名 Thym à têtes
独名 Thymbra capitata
伊名  Timo arbustivo
西名 Romillo andaluz
葡名 Tomilho-de-Creta
漢名
植物分類 シソ科シンブラ属
園芸分類 多年草(亜低木)
用途 ハーブ・精油・薬用
原産地 地中海沿岸地方
花言葉
解説 シンブラ・カピタータは、シソ科の多年草(亜低木)である。本種は地中海沿岸地方の日当たりが良い岩礫質な土壌地帯に自生する。樹高は、20~50㎝程度となる。葉は長さ12㎜程度の披針形で茎に対生する。葉の表面には油点が散在する。6~9月頃、茎頂に円錐花序を出し、径10㎜尾程度でピンクの唇花を多数つける。唇弁には濃色の点紋が入る。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考