←トップ頁へ

和名 シモツケソウ
漢字表記 下野草
別名・異名 クサシモツケ
古名
語源 和名は、花がシモツケに似ていることから。/属名は、filum(=糸)とpendulud(=吊り下がった)の合成語で、基本種の根が小球を糸でつないだように見えることから。/種小名は「多数結合の」の意。
学名 Filipendula multijuga Maxim.
英名
仏名 日光市・竜王峡にて
独名
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類 バラ科シモツケソウ属
園芸分類 多年生草本
用途 野草/路地植え/鉢植え
原産地 日本(本州・四国・九州)
花言葉 たおやかな風景・整然とした愛・努力・余裕・遊び
解説 シモツケソウは、バラ科の多年草である。草丈は、30~100㎝程度に。葉は羽状複葉で根生する。6~8月頃に集散花序に淡桃色の小花を多数見せる。花色には濃淡がある。花径は4、5㎜程度。花が終わり頃になると、花弁、萼、花序の枝等が紅褐色に色づく。
履歴
県花・国花
古典1
古典2 『大和本草』、『物品識名』
季語
備考